ビュー:

MIDIでボードを呼び出す際、切り替えに若干の時間差があるのは仕様となります。

まず、PLETHORA X5には以下のようなコンセプトがあります。

BOARD-PEDAL-TONEPRINT

このコンセプトは、従来のマルチエフェクターとは異なり、複数のストンプボックスを組み込むように柔軟にエフェクターボードを作成するといった概念に基づいたものとなります。

したがって、従来のマルチエフェクターの様に同じ曲間で複数のボードを踏み分けて使用するというよりは、曲ごとに決まったボードを使用していただくという使い方がコンセプトに基づいております。

また、Plethora X5はTC Electronicのサウンドクオリティを維持し、TonePrintによる柔軟性を備えているため、ボード切り替え時にDSPを一度再起動します。

これによりボード切り替え時にラグが発生しますが、これは設計に基づいたものであり故障などではございませんのでご了承ください。